ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ミュンシュのブランデンブルグ



ミュンシュのブランデンブルグなんてゲテモノというのが一般的な理解であろう。5番はチェンバロの代わりにピアノを使っている。しかし、演奏はそう時代がかっているわけでもなく、サラリとしている。それにステレオ初期にしては音は良く録れている。余白に入ってるVn協奏曲1番はハイメ・ラレードだが、Vnが実に素直に録れている。

筆者はミュンシュのファンである。廃盤になってしまった本CDは珍品ということも手伝ってよく手が伸びる。筆者はピリオド楽器アレルギーなのだ。

オーケストラ再生のオーディオ ←このブログの関連サイトです。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2006-06-29 15:05 | クラシック音楽CD | Comments(0)