ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

チェット・ベイカー・イン・パリ

b0109511_7231264.jpg
b0109511_723369.jpg
1955-56年録音。当時、若冠25、26歳だったチェット・ベイカーが数か月にも渡る欧州ツアー中のパリで行った多くの演奏からベスト演奏をピックアップしたもの。

このアルバムが録音された時期、チェットはマイルスやガレスピー以上の人気があった。しかし、この音源は、同時期の作品に比べて暗い。これはツアー開始後、間もなく起きたピアノのディック・トゥワージクの薬物中毒死が大きく影響している。残りのメンバーはすべて帰国してしまったが、現地、欧州のミュージシャンらが後を引き継ぎ、ツアーは続けられたとのこと。

Youtubeからはデジタルミュージックで売られている23曲が126kbpsでダウンロードできる。CDを買い直すかは聴いてから決めたらいい。音源が古いこともあって、十分な音質と思う。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2018-02-09 07:39 | ジャズ | Comments(0)