ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

"シークレット・バッハ" クラヴィコードのための作品集

b0109511_10173889.jpg
b0109511_1027594.jpg
クラヴィコードという楽器がある。ピアノの先祖で、弦を叩いて音を出すので、強弱の表現も可能である。ここが弦を引っ掻くチェンバロと違うところ。バッハも愛用したらしい。しかし、音量は小さく、蚊の鳴くような音しか出ない。個人用の楽器で、ホールでの演奏には向かず、歴史の波の中に埋没してしまった。

ホグウッドはそうしたクラヴィコードの隠れたパフォーマンスに注目して、いろいろ録音している。ある意味オーディオ向きの楽器だ。CDを買わずともYoutubeのダウンロードで十分楽しめる。

"シークレット・バッハ" クラヴィコードのための作品集
ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750):
・幻想曲BWV.903a(BWV.903の幻想曲の初稿)
・アルマンド ト短調BWV.836
・フーガ ト短調BWV.1000(リュート原曲)
・アルマンド ト短調BWV.836
・メヌエット ト長調BWV.841
・メヌエット ト長調BWV.843
・コラール・パルティータ《おお神、汝義なる神よ》BWV.767(オルガン原曲)
・無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番イ短調BWV.1004(モーテンセン編)

 クリストファー・ホグウッド(クラヴィコード)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2017-12-31 10:27 | Comments(0)