ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

行ってきました、一関のベイシー

b0109511_225329.jpg
珍しく盛岡に出張が入った。こういう機会はめったにない。まよわず世界遺産の平泉と一関のベイシーを訪問、積年の懸案であったベイシー詣でを果たした。

音は?一言で言えば、ピラミッドバランス。LPなので低音は結構ユルい。375と075なので、シンバルはもっと芯があるかと思ったら、これが思いのほか優しい音。弦楽器を再生してもうまく鳴りそう。これが僭越ながら我が家と同じバランスなのだ。実によく似ている。ベイシーの音を6畳にサイズダウンしたら我が家の音になる。ベイシーの音をほめるのは、我が家の音を自賛しているような変な気持ちである。これは全く予想外の展開と言うしかない。

ベイシーの装置自体に特別なものはない。コンポーネントはどれも40年前にすでにあった製品だ。組み合わせ方や鳴らし方がうまいのに尽きる。ある程度の能力があるコンポーネントであれば、そこから先は組み合わせ方や鳴らし方次第、という見本と言えそうだ。加えて、ベイシーの音源はすべてLP。こちらも40年前で停止している。アナログの限界はベイシーに行けばわかる。いい音なのだが、CDよりいい、という意見には与しない。LPにはLPの良さがあるのだが、CDにはLPにない良さがあると思う。

音量はジャズ喫茶として適切と感じた。大音量と聞いていたが、耳をおおうような音では決してない。都合3時間弱居坐ったが、全く聴き疲れは感じなかった。ビール1缶とオツマミで1200円。これで3時間も粘ったのだから、パートのウェイトレスさんの給料の足しにはならなかったに違いない(笑)客の回転は良くないので、ジャズ喫茶の経営は楽ではないはず。赤字が出なければ御の字ではないだろうか。

ベイシーはタバコの煙が香る、昔ながらのジャズ喫茶だ。といって小生がいた時間帯で、客で吸っている人は見当たらず。店主の菅原さんが独り率先して吸い続けているのだが、体にいいことはないでしょうね。
[PR]
Commented by 日日薬 at 2017-12-12 11:00 x
自分も先月念願かなってベイシーへ行きましたが、同じ感想を持ちました。あいにく店内に喫煙者が多く、退散せざるを得ませんでした。
Commented by yoshisugimoto at 2017-12-12 12:34
私のときは菅原さんだけが吸ってましたが、タバコは困りますね~。
Commented by 杉ちゃん at 2017-12-13 10:08 x
喫煙OKなのはJazz喫茶に似合うからでしょうか?、神戸のJazz喫茶&ライブハウスは全席禁煙ですね。
Commented by yoshisugimoto at 2017-12-13 11:06
昭和志向か平成志向かの差でしょうね。ノスタルジーも売りにするとなると、タバコも必需品か?
Commented by 杉ちゃん at 2017-12-13 22:10 x
>昭和志向か平成志向かの差でしょうね。
上手く言い得てますね~笑、
昭和生まれのyoshisugimotoさんはどちらがお好きですか?
Commented by yoshisugimoto at 2017-12-14 06:27
昭和はいいですが、煙草はいけません(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2017-12-11 22:53 | オーディオ | Comments(6)