ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

トミー・フラナガン / ザ・コンプリート・オーヴァーシーズ

b0109511_6242633.jpg
久々に聴いたがやはり凄い名盤。フラナガンは「サキ・コロ」なんかでも聴かれるが、どちらかと言えば脇役で光る地味なピアニスト。それを押し上げているのはエルヴィン・ジョーンズの最高に雄弁なドラムスだ。フィリー・ジョー・ジョーンズと双璧ではないかと思う。したがって、この録音はドラムスを聴く盤でもある。残念なのはモノラルで、ドラムスが立体的に聴こえないこと。1957年の録音なので、ステレオはすでに始まっていたが、タイトル通り、旅先での録音なのでモノラル機材しかなかったのではないだろうか。

トミー・フラナガン / ザ・コンプリート・オーヴァーシーズ
TOMMY FLANAGAN(p), WILBUR LITTLE(b), ELVIN JONES(ds)
ソングリスト
1. RELAXIN’AT CAMARILLO
2. CHELSEA BRIDGE Take 3
3. ECLYPSO
4. DALARNA Take 3
5. VERDANDI Take 1
6. WILLOW WEEP FOR ME Take 2
7. BEATS UP
8. SKÅL BROTHERS
9. LITTLE ROCK
10. DALARNA Take 2
11. VERDANDI Take 2
12. WILLOW WEEP FOR ME Take 1
13. CHELSEA BRIDGE Take 1
14. DALARNA Take 1
15. CHELSEA BRIDGE Take 2
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2017-11-15 06:32 | ジャズ | Comments(0)