ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

チェリビダッケのブル9

b0109511_7253290.jpg
本音で言えば、チェリビダッケは別格、チェリビダッケの録音を聴いておけば間違いない、とどこかで思っている。ただ結構「大言壮語」する人物で、その「減らず口」は気にくわないが。

このEMI盤は76分50秒もかかっており、この曲としてはもっとも演奏時間が長いらしい。それがいい。すんなり入ってくる。ブルックナーは細部まで磨きぬいて、かつ醒めた演奏がベストだ。精神性は曲そのものが持っており、指揮者が付加するものではない。

なお、チェリビダッケがEMIで出ていたのは今は昔。現在はワーナーやSONYから出ていて、赤いロゴの盤は中古で入手するしかないようだ。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2017-10-30 07:39 | クラシック音楽CD | Comments(0)