ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ミュンシュのモーツァルト

b0109511_6475354.jpg
MOMORIESレーベルのライブ録音。ミュンシュのモーツァルトはスタジオ録音が唯一ベニー・グッドマンが独奏したクラリネット協奏曲があるのみだ。このレーベルのライブはあまり音が良いとは言えないので覚悟して聴き始めた。

定番の名演となるような演奏では決してない。しかし、演奏の熱いこと!カザルスのモーツァルトも情熱的だったが、この上をいく。速いテンポで駆け抜ける演奏が多いのだが、決して速いだけではない。気合が違う。気に入ったので愛聴盤決定である。31番と39番のみモノラルで音が悪過ぎるのでスキップするしかないが、あとはあまり良好ともいえないステレオ録音。その素朴な音がまたいい。

『モーツァルト:交響曲集+レクイエム』

【曲目】
CD1
交響曲第31番「パリ」(1954年4月2日)、
交響曲第35番「ハフナー」(1962年7月22日)、
交響曲第36番「リンツ」(1962年7月21日)、
交響曲第39番(1955年4月9日)、
交響曲第40番(1959年7月11日)、
交響曲第41番「ジュピター」(1962年7月21日)、
レクイエム(1962年7月22日)


【演奏】
ミュンシュ指揮ボストン交響楽団、
フィリス・カーティン(ソプラノ)、
フローレンス・コプレフ(アルト)、
ブレーク・スターン(テノール)、
マック・モーガン(バス)、
タングルウッド合唱団
b0109511_6562868.jpg

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2017-10-24 07:00 | クラシック音楽CD | Comments(0)