ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

Hamp and Getz

b0109511_6383075.jpg
「中間派ジャズ」という死語がある。つまり、スウィングとモダンの中間という意味だが、この録音はまさにそれ。ハンプトンだけだと、陽気なスウィング・ジャズになってしまうが、ゲッツを始めとする面々によって、クールジャズやウェストコースト・ジャズと絶妙にブレンドされた音楽となっている。「クロスオーバー」という言葉も最近はあまり使われないが、言ってみればこのアルバムも立派なクロスオーバーということになる。手元のジャズ読本を当たってみたが、一応スウィング・ジャズとして分類されていた。ノーマン・グランツ制作だが、さすがの作品。1955年録音。タワーレコードのワゴンセールで激安で入手したと記憶する。

Hamp and Getz
RecordedAugust 1, 1955
Radio Recorders, Hollywood, California

Track listing
"Cherokee" (Ray Noble) - 9:15
"Ballad Medley: Tenderly/Autumn in New York/East of the Sun (and West of the Moon)/I Can't Get Started" (Walter Gross, Jack Lawrence/Vernon Duke/Brooks Bowman/Duke, Ira Gershwin) - 8:08
"Louise" (Leo Robin, Richard A. Whiting) - 6:47
"Jumpin' at the Woodside" (Count Basie) - 8:24
"Gladys" [Alternate Take] (Lionel Hampton) - 6:13 Bonus track on CD reissue
"Gladys" [Master Take] (Hampton) - 7:43
"Headache" (Unknown) - 5:07 Bonus track on CD reissue

Personnel
Lionel Hampton - vibraphone
Stan Getz - tenor saxophone
Lou Levy - piano
Leroy Vinnegar - bass
Shelly Manne - drums
[PR]
by yoshisugimoto | 2017-06-28 06:53 | クラシック音楽CD | Comments(0)