ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

シャルラン録音

b0109511_6333954.jpg
LP時代の名レーベル、シャルラン録音はマスターテープがすでに失われているとのこと。無知なフランス役人によって海中投棄されたらしい。出回っているCDはサブマスターか盤起こし。でもこの録音なんかは往時の片鱗を感じる。それにしても残念なハナシである。今となっては、いい音で聴きたければ、オリジナル盤コレクターになるしかないわけであるが、けものみちである(笑)

シャルランのCDは10枚ほど持っている。名録音のはずなのにパッとせんな〜、でもいいのに当たるかもね、で買っていって、ネットでマスター破棄の件を知った。もともとマイナーな演奏家ばかり。これで音質良くないとなると、やはり陰が薄くなる。

元トリオ役員の中野雄氏によると、シャルランの個人レーベルはマイナーな演奏家の優秀録音を売りにした、趣味性の高いとがったレーベルで、経営も難しかったらしい。シャルランの2トラ76センチ/秒のマスターテープが税金滞納処分で差し押さえられ、無価値と判断されて破棄埋め立てに使われたとのこと。かつてトリオがシャルランレコードを輸入販売していたので、多分間違いない話と思われる。オリジナルが破棄されたので、日本にあるサブマスターの版権を持っていたアートユニオン(トリオレコードの後身)が孫コピーをシャルラン未亡人の要望に応えて提供したそうである。

なお、シャルランの録音はほかのレーベルにも遺っている。たとえば、EMIのモノラルでは、ナットのベートーヴェンのピアノソナタ全集と、リリー・クラウスのモーツァルトのピアノソナタ全集がそうだ。一部手元にあるが、なるほど、いい録音ではあるが、メジャーな曲目で趣味的にとがった感じはない。

モーツァルト:「主の御憐れみを」/キリエ 変ホ長調/主日のための晩課/キリエ ニ短調(ヒンライナー)
MOZART, W.A.: Misericordias Domini / Kyrie in E-Flat Major / Vesperae solennes de Dominica / Kyrie in D Minor (Kyries and Vepres) (Hinreiner)
[PR]
by yoshisugimoto | 2017-06-06 06:46 | クラシック音楽CD | Comments(0)