ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

"Lucky Thompson featuring Oscar Pettiford vol. II"

b0109511_10232171.jpg
テナー・サックスの名手ラッキー・トンプソンが1956年、クリード・テイラーのプロデュースでABCパラマウントに残した録音。サックス、ギター、ベースのトリオ演奏で構成されており、ベースの巨匠オスカー・ペティフォードを一奏者として聴くのに好適。技術的には現在のテクニシャンと比較にならないが、とにかくよく歌い、バックで良くサポートする。ペティフォードは多管編成のコンボ録音が大半だが、珍しくトリオ録音。さすがはクリード・テイラー、いい仕事をしている。

"Lucky Thompson featuring Oscar Pettiford vol. II"08. Tricrostism 4:35
09. Bo-Bi My Boy 3:55
10. Body And Soul 4:31
11. Op Meets Lt 3:52
12. Dancing Sunbeam 3:08
13. Little Tenderfoot 2:49
14. The Plain But The Simple Truth 4:45
15. Mister Man 3:32
16. Once There Was 4:03
[PR]
by yoshisugimoto | 2017-05-27 10:20 | ジャズ | Comments(0)