ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

SYMBIOSIS ビル・エヴァンス

b0109511_744235.jpg
ビル・エヴァンス・トリオがクラウス・オガーマンのオケと共演したもの。シンバイオウシスとは「共生」の意味。ピアノ・トリオとオケの共生から名付けたものと思われる。クラウス・オガーマンは敏腕アレンジャーで、ジョビンの有名盤WAVEのアレンジでも知られる。
b0109511_7495299.jpg
今回もWAVE同様、ポップで聴きやすい作品を期待していたのだが、結構高踏的な作品だ。やっぱり、クリード・テイラー不在だからこうなるのだと思う。しかし、エヴァンスのトリオ演奏にはない美はある。ピアノ以外にもフェンダー・ローズのエレピを弾いており、独特の雰囲気が感じられる。聴きこめば、楽しめる作品。

ただジャケが楽想にまるでそぐわない。エヴァンスがラテン音楽に挑戦、コンガ入りなら、このジャケットでもいいのだろうが、正反対のクールで静謐な表現。バーブ(下)でも出たらしいが、このジャケットも??だ。ジャケットが音楽の足を引っ張り倒している珍しい事例である。
b0109511_7443117.jpg
SYMBIOSIS ビル・エヴァンス
1. 1st Movement Moderato
2. 1st Movement Moderato
3. 2nd Movement Largo
4. 2nd Movement Largo
[PR]
by yoshisugimoto | 2017-05-07 07:59 | ジャズ | Comments(0)