ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

Jazz Guitar Jim Hall

b0109511_7305367.jpg
ジム・ホールの名高い名盤。もっと早く入手したかったのだが、CD買い過ぎもあって、安い出物を待っていたという事情がある。ようやく手に入れた。

ピアノ・ベース・ギターという昔のピアノトリオの編成。しかし、ピアノではなく、ギターが主役。こういったトリオは1957年当時、すでにタル・ファーローという先達があった。この録音でも同様の3者拮抗型のインタープレイが聴かれる。聴いていても、ピアノはどちらかと言うと引き立て役。それよりも、ベースのミッチェルが雄弁だ。サウンドは典型的なウェストコーストジャズ。温かくて陽気、哀愁とは違う美である。

Jazz Guitar
Jim Hall
<パーソネル> ジム・ホール(g) カール・パーキンス(p) レッド・ミッチェル(b)
★1957年1月10日、24日録音

01. サヴォイでストンプ
02. 昔は良かったね
03. ジス・イズ・オールウェイズ
04. サンクス・フォー・ザ・メモリー
05. タンジェリン
06. 星影のステラ
07. 9:20スペシャル
08. ディープ・イン・ア・ドリーム
09. ルック・フォー・ザ・シルヴァー・ライニング
10. セヴン・カム・イレヴン
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2017-04-28 07:42 | ジャズ | Comments(0)