ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ワルターの「復活」

b0109511_726984.jpg
b0109511_7262222.jpg
b0109511_7263495.jpg

現在、ワルターの「復活」は3種類入手できる。スタジオ盤、ウィーンライブ、NYライブである。

スタジオ盤は1957年2月18日、および1958年2月17-18日録音。ワルターのステレオ録音の最初のレコードであり、記念碑的な名演とされてきた。録音日の1年のブランクは、その間に、ワルターが心臓発作にかかり引退を表明した、という出来事があったためだ。

ウィーンライブは1948年のモノラル、NYライブは1957年スタジオ盤の前日収録のモノラルである。どれも名演なのだが、NYライブが意外に知られていない。モノラルだしM&Aというマイナーレーベルから出ていることもあるのだろう。しかし、一発録りで気迫十分、CDも1枚に収まっている。もっと注目されていいと思う。
[PR]
Commented by yositaka at 2017-04-25 13:28 x
スタジオ盤の録音が二年にわたったのは、ワルターの心臓発作のほかにマリア・シュターダーの契約問題もあったようです。私は1957年収録の、シュターダーの参加したフイナーレの録音が残っているのではないかと密かに推測しています。
Commented by yoshisugimoto at 2017-04-25 18:37
今から60年前のハナシなんですね( ^ω^)・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2017-04-25 07:37 | クラシック音楽CD | Comments(2)