ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

Sweet Rain スタン・ゲッツ

b0109511_638515.jpg
60年代後半、ボサノヴァ後のゲッツの傑作。ワンホーンのカルテットなのだが、ピアノがブレークする前のチック・コリアだ。ゲッツとの相性はよく、ゲッツの他の作品にはない透明感が感じられる。ジャケット通りのさわやかなサウンド。スイート・レインというタイトルもベストマッチ。

よく聴くと、カーターのベースもいい味を出している。カーターは泣きの入らないジャズは上手い。テイラー・ゲルダーのコンビで制作。典型的なジャズ名盤だろう。

ゲッツの録音は多く、私も主だったものは聴いているが、この作品は五指の一角に入りそうだ。これがレンタル落ちの1円CDだったから、CD漁りは止められない。

Track listing
"Litha" (Corea) - 8:30
"O Grande Amor" (Jobim, DeMoraes) - 4:44
"Sweet Rain" (Mike Gibbs) - 7:12
"Con Alma" (Dizzy Gillespie) - 8:06
"Windows" (Corea) - 8:57
Recorded on March 21 (tracks 1-3) and March 30 (#4-5), 1967.

Personnel
Stan Getz - Tenor Sax
Chick Corea - Piano
Ron Carter - Bass
Grady Tate - Drums

Producer - Creed Taylor
Engineer - Rudy van Gelder
[PR]
by yoshisugimoto | 2017-04-12 06:51 | ジャズ | Comments(0)