ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

レイボヴィッツのベートーヴェン

b0109511_7443253.jpg
小生が高校生だったころ、レイボビッツのLPはリーダーズダイジェストの通販で売られており、新聞広告も見た覚えがある。「レイボヴィッツ?聞いたことないな」と当時は思ったものだった。

実はこれが結構な名盤ぞろいで、私は90年代にせっせとCDを買い集めたものだ。当時はチェスキーというレーベルから出ており、店頭では入手困難、米国アマゾンから直接買ったりもした。いまならボックスセットで安価でごっそり手に入る。

とにかく、演奏は快速で駆け抜ける感じで、へんなタメはつくらない。そのあたり、フルトヴェングラーあたりとは根本的に異なる。改めて聴きなおしてみると随所に新たな発見がある。トスカニーニに近い感じだが、こちらはケネス・ウィルキンソンのステレオ録音。存外な高音質で楽しめる。

Beethoven: Symphonies 4 & 7 / Leibowitz, Royal Philharmonic

Leibowitz, Rene Royal Philharmonic Orchestra 、 ルネ・レイボヴィッツ 、 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 、 ニュー・シンフォニー・オーケストラ
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2017-04-05 07:57 | クラシック音楽CD | Comments(0)