ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

オーケストラの休日 ユージン・オーマンディ

b0109511_771986.jpg
オーマンディのライト・クラシック集。タワー・レコード企画盤。オーマンディはいろいろ出ているが、このCDは見覚えのない曲も散見されたので入手。一番の当たりはジャマイカ・ルンバだ。


作曲はイギリスの作曲家、アーサー・ベンジャミン(Arthur Leslie Benjamin, 1893 - 1960)。
b0109511_726519.jpg
1938年に手遊びで作曲した「ジャマイカ・ルンバ (Jamaican Rumba)」があまりに有名となったため、国名を有名にしてもらった見返りとして、ジャマイカ政府から1樽ぶんのラム酒をただで贈られたそうである。

ハイフェッツのヴァイオリン独奏盤もある。


こちらもいいが、なによりもオーマンディの演奏でこの曲の面白さがわかった。

【曲目】
1.フォスター:草競馬
2.民謡:ジョニーが街へやってくる 世界初CD化
3.民謡:水夫の踊り
4.パデレフスキ:メヌエット
5.ラモー:めんどり
6.ベンジャミン:ジャマイカ・ルンバ
7.ドビュッシー:風変わりなラヴィーヌ将軍 (前奏曲集第2巻、第6曲)
8.ハリス:中国人の行進 世界初CD化
9.ロンドンデリーの歌(ダニーボーイ)
10.リムスキー=コルサコフ:熊蜂は飛ぶ
11.グリーグ:小人の行進(抒情組曲作品54、第4曲) 日本初CD化
[1-11:アーサー・ハリス編]
[1-11:1965年5月1日&3日、フィラデルフィア、タウン・ホール]

[ボーナストラック]
12.ウェーバー/ベルリオーズ編:舞踏への勧誘
[1957年12月23日、フィラデルフィア、タウン・ホール]
13.ワルトトイフェル(1837-1915):スケーターズ・ワルツ
[1967年4月20日、フィラデルフィア、タウン・ホール]
14.ワルトトイフェル:ワルツ「女学生」
[1967年4月20日、フィラデルフィア、タウン・ホール]
15.イヴァノヴィッチ(1845-1902):ドナウ河のさざ波
[1967年4月20日、フィラデルフィア、タウン・ホール]
16.ヴォルフ=フェラーリ(1876-1948):歌劇「聖母の宝石」より 間奏曲(第2番) 日本初CD化
[1968年2月27日、フィラデルフィア]
17.フンパーディンク(1845-1921):歌劇「ヘンゼルとグレーテル」より祈り 日本初CD化
[1965年3月24日、フィラデルフィア]
18.ワインベルガー(1898-1967):歌劇「バグパイプ吹きのシュヴァンダ」より ポルカ 日本初CD化
[1962年1月17日、フィラデルフィア]
19.ワインベルガー:歌劇「バグパイプ吹きのシュヴァンダ」より フーガ [LPでは未発売]日本初発売
[1962年1月17日、フィラデルフィア]

【演奏】
フィラデルフィア管弦楽団
指揮:ユージン・オーマンディ
[PR]
by yoshisugimoto | 2017-04-04 07:27 | クラシック音楽CD | Comments(0)