ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

In Person Bobby Timmons

b0109511_718467.jpg
ボビー・ティモンズ、1961年ビレッジ・ヴァンガードでのピアノ・トリオ・ライブ。共演者はベースがロン・カーター、ドラムがアルバート・ヒース。ボビー・ティモンズの代表作とされる。

ジャケットはカタログで見覚えがあり、あることは知っていたが、今まで手を出さないで来てしまった。アマゾンで激安中古を見つけて入手。これはよくできている。ピアノもいいが、ロン・カーターの生ベースがいい。1961年というとまだマイルスのグループに入る前で、20代前半ではなかったかと思うが、すでに完成している。後年のピックアップの音は感心しないが、生ベースはこんなに魅力的なんだと嬉しくなる。アルバート・ヒースはあまり評価の高くない人だが、この録音ではブラシがいい。

こんな録音が激安で買える昨今なので、やっぱりCD漁りがやめられないが、もはや置き場がなく困ったものである。

In Person
Bobby Timmons
Albert "Tootie" Heath(Drums), Albert Heath(Drums), Bobby Timmons(Piano), Ron Carter(Bass), Orrin Keepnews(Producer)

01. Autumn Leaves (07:57)
02. So Tired (06:24)
03. Goodbye (04:46)
04. Dat Dere (Theme) (00:56)
05. They Didn't Believe Me [Live] (06:48)
06. Dat Dere [Full-Length][Live] (04:31)
07. Popsy (06:12)
08. I Didn't Know What Time It Was (08:14)
09. Softly, As in a Morning Sunrise (05:30)
10. Dat Dere (Theme) (00:56)
[PR]
by yoshisugimoto | 2017-03-30 07:30 | ジャズ | Comments(0)