ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

Pianism / The Michel Petrucciani Trio

b0109511_6551198.jpg
ペトルチアーニの1985年の録音。当時23歳で、ブルーノートの第1作となる。ペトルチアーニは36歳で早世している。その割には出ているCD数は多い。

音楽はいにしえのソニー・クラークなどとは異なる、現代のジャズ。斬新で音数も多く、まさに天才の音楽。録音も昔のブルーノートとまるで異なるリアリズムに満ちたもの。日本でよく企画制作されるジャズのスタンダードピアノトリオものとは一線を画する内容だ。ベースのダニエルソン、ドラムスのジグムントは初めて聴くが手練れである。

レンタル落ちを安く手にいれたが、ピアノトリオと言えばいにしえのピアニストを聴いている当方にとっては、たいへん新鮮で衝撃的。音楽は幅広く聴かなきゃね。

Pianism by Michel Petrucciani
Released1986
Recorded20 December 1985

Personnel
Michel Petrucciani - Piano
Palle Danielsson - Bass
Eliot Zigmund - Drums

Track listing
"The Prayer" (Michel Petrucciani) – 11:05
"Our Tune" (Michel Petrucciani)– 6:51
"Face's Face" (Michel Petrucciani) – 4:37
"Night And Day" (Cole Porter) – 9:20
"Here's That Rainy Day" (Van Heusen / Burke) - 9:51
"Regina" (Michel Petrucciani) - 9:20
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2017-03-27 07:10 | ジャズ | Comments(0)