ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

Coltrane's Sound: コルトレーン サウンド

b0109511_644950.jpg
何となく統合失調症(昔は精神分裂症と言われた)を感じさせるジャケ・アート。シーツ・オブ・サウンドには合っている。しかし、録音されたのはアトランティック時代。マイ・フェイバリット・シングズのころで、シーツ・オブ・サウンドではない。そのためジャケットは違和感がある。

演奏内容はバランスがいい。アトランティックのコルトレーンに外れなし。まだ不動のカルテットではなく、ベースはステーブ・デービスである。このアルバムは知らずにいたのだが、たまたまアマゾンの激安中古で見つけた。ジャケットの違和感がガマンできるなら、買って満足できる音源。

Coltrane's Sound: コルトレーン サウンド夜は千の眼を持つ
John Coltrane (ジョン・コルトレーン)
01. 夜は千の眼を持つ (06:42)
02. セントラル・パーク・ウエスト (04:12)
03. リベリア (06:45)
04. 身も心も (05:35)
05. イクィノックス (08:33)
06. サテライト (05:48)
07. 26-2 (06:09)
08. 身も心も (05:57)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2017-03-26 06:54 | ジャズ | Comments(0)