ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

Grand Canyon: Ormandy / Philadelphia.o

b0109511_7382424.jpg
元トリオの音楽プロデューサー、中野雄氏が「オーマンディはいずれ忘れ去られるだろう」とどこかで書いていた。たしかにそういう一面はあるが、そうとも言い切れない。私を含めて根強いファンもいるのが事実だからだ。私に言わせれば、同じハンガリー系でもショルティなんかより、よっぽど聴いていたいほうである。

さて、通は名演はCBS時代にあり、しかし録音に難あり、と言う。全面的に同感である。オーマンディのCBS録音こそ鳴らすのが最も難しい音源ではないか。ハイ上がりでヒステリック、分離が良くない。JBLなんかではまず話にならないだろう。しかし、ピラミッドバランスのナチュラル・サウンドで攻略すれば何とかなる。CBS録音も60年代後半になると結構良くなる。

このグランド・キャニオンはそうしたオーマンディのCBS録音の最右翼に挙げられよう。絢爛豪華のアメリカンサウンド。実演はおそらく凄かったと思う。同じような演奏ができる団体は今後とも出ないのでは。

Rhapsody In Blue / Grand Canyon: Ormandy / Philadelphia.o
Gershwin / Grofe
01. ラプソディ・イン・ブルー
02. パリのアメリカ人
03. グランド・キャニオン*組曲
[PR]
Commented by 杉ちゃん at 2017-05-06 10:49 x
見た・買った~日本橋キダ商店(古い~なぁ)じゃなく、聴きました。オーマンディのグランドキャニオン・・・凄過ぎる!
所蔵のカンゼルのテラーク盤より「ハッタリ」が効いた強烈な演奏です。
Commented by yoshisugimoto at 2017-05-06 15:33
そのハッタリもストコフスキーとはまた違いますね。あくまで直球勝負なんですね~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2017-03-24 07:56 | クラシック音楽CD | Comments(2)