ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ナチュラル・ホルン

b0109511_729973.jpg
ナチュラル・ホルンは自然倍音しか出せない楽器だが、朝顔部分に入れた右手の操作(ハンド・ ストップ奏法)や息の量やスピード、唇の緊張度合いなどを駆使しながら自然倍音以外の音を出す ことができる。しかし、可能と言っても出てくる音色はミュートを付けたような音で、音量 も小さいし、正しい音程を維持することも難しい。 ローウェル・グレアはナチュラル・ホルンの名手で、そうした困難を克服して実に高い音楽性を持って演奏している。
b0109511_7294312.jpg
確かに凄いのはわかるのだが、現代楽器じゃだめということでもないはず。ナチュラル・ホルンを使う積極的な意義がイマイチわかっていない(笑)

モーツァルト:ホルン協奏曲全集、他
・ホルン協奏曲 ニ長調K.412
・ホルン協奏曲 変ホ長調K.417
・ホルン協奏曲 変ホ長調K.447
・ホルン協奏曲 変ホ長調K.495
・ロンド 変ホ長調K.371
・ロンド ニ長調K.514
 ローウェル・グレア(ナチュラル・ホルン)
 フィルハーモニア・バロック管弦楽団
 ニコラス・マギーガン(指揮)

 録音:1988年3月 サンフランシスコ、ローマ・マウンテン・カレッジ礼拝堂(デジタル)
 (原盤番号:HCX3957012 / HMU907012廃盤)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2017-03-13 07:36 | クラシック音楽CD | Comments(0)