ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

シューリヒト ブランデンブルグ協奏曲

b0109511_746295.jpg
b0109511_7462180.jpg

1966年5月、翌年に死去したシューリヒトの最後の録音。67年度ACCディスク大賞受賞。ハインツ・ホリガーやモーリス・アンドレも参加している。

大指揮者シューリヒトのラスト・レコーディングならもうちょっと話題になってもいいのだが、昔からあまり盛り上がらない。改めて聴き直してみると、やっぱり録音がね、という感じ。例によってコンサートホール・レーベル特有のふやけてもこもこした音なのだ。最近、SACDでも出ているが、SACDで聴いてもおそらく知れていると思う。画期的に良くはならないだろう。

筆者はオールドスタイルの古い録音が大好きなのだが、これならミュンシュのRCA盤を採るな~。こちらは1957年とさらに10年ほど前の録音だが、さすがにリビング・ステレオ。繊細さが一味違うのである。

J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲集BWV1046-1051
ハインツ・ホリガー、アンドレ・ラウル、ミシェル・ピゲ(オーボエ)
レイモンド・メイラン(フルート)
モーリス・アンドレ(トランペット)
クリスティアン・ランゲ(バロック・フローテ)
クリスティアーヌ・ジャコッテ(チェンバロ)
カール・シューリヒト指揮チューリヒ・バロック・アンサンブル(1966.5録音)
[PR]
Commented by yositaka at 2017-03-15 10:33 x
イメージ一新でびっくりしました。新しいものは左上のジャケットから見ていけばいいんですね。タイトルから「オーケストラ」が取れたのはないように即していると思いますが、私は前のままがいいなあ。個人的には「グランカッサの杉さん」で覚えていますから。
Commented by yoshisugimoto at 2017-03-15 12:40
いつもありがとうございます。ま、いつでも戻せますので(笑)マンネリ感があったので、少々なぶってみました。
by yoshisugimoto | 2017-03-09 07:58 | クラシック音楽CD | Comments(2)