ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

モーツァルト:フィガロの結婚 ハイライト クライバー(エーリヒ)

b0109511_745642.jpg
小生、オペラはまだまだわかって聴いているわけではない。故五味康祐氏は「フィガロを聴けばたちどころにモーツァルトの天才が理解できる」と書いていたが、感受性もずいぶん違うようだ。小生なら他の分野、たとえば交響曲や協奏曲を引き合いに出すだろう。

フィガロが人類の至宝であることに疑いの余地はない。アリアはなじみの旋律が続出する。加えて素晴らしいのは重唱の美である。とは言え、全曲CD3枚はいかにも荷が重い。ここはハイライト盤だ。中古で買えば送料込みで500円しない。この大芸術の門戸は一般大衆に等しく開かれているわけだ。実にいい時代と言うしかない。変にうつにでもなって、塞いでいてもつまらない。

父クライバーはこの録音だけをステレオで遺した。初期ステレオでもCDは最新録音とそう差はない。伯爵夫人は先年なくなったデラ・カーサだ。Youtubeで動画が見つかった。

b0109511_7275413.jpg
モーツァルト:フィガロの結婚 ハイライト
クライバー(エーリヒ) (アーティスト, 指揮), シエピ(チェーザレ) (アーティスト), ギューデン(ヒルデ) (アーティスト), & 6 その他 形式: CD

序曲
第1幕 小二重唱「5、10、20……」(フィガロ/スザンナ) 2. 第1幕 小二重唱「5、10、20……」(フィガロ/スザンナ)
第1幕 フィアガロのカヴァティーナ「結構ですな、殿様!」-「もしも踊りたければ」 3. 第1幕 フィアガロのカヴァティーナ「結構ですな、殿様!」-「もしも踊りたければ」
第1幕 バルトロのアリア「復讐だ!ああ、復讐とは」 4. 第1幕 バルトロのアリア「復讐だ!ああ、復讐とは」
第1幕 ケルビーノのアリア「僕には自分がどうなってるのか判らない」 5. 第1幕 ケルビーノのアリア「僕には自分がどうなってるのか判らない」
第1幕 フィガロのアリア「もう飛べないだろう、恋の蝶々くん」 6. 第1幕 フィガロのアリア「もう飛べないだろう、恋の蝶々くん」
第2幕 伯爵夫人のカヴァティーナ「愛の神よ、安らぎを与えたまえ」 7. 第2幕 伯爵夫人のカヴァティーナ「愛の神よ、安らぎを与えたまえ」
第2幕 ケルビーノのアリエッタ「恋とはどんなものか」 8. 第2幕 ケルビーノのアリエッタ「恋とはどんなものか」
第2幕 スザンナのアリア「さあ、膝をついて」 9. 第2幕 スザンナのアリア「さあ、膝をついて」
第3幕 伯爵のレチタティーヴォとアリア「裁判は勝ったと、どういう意味だ!」-「こちらが指をくわえて」 10. 第3幕 伯爵のレチタティーヴォとアリア「裁判は勝ったと、どういう意味だ!」-「こちらが指をくわえて」
第3幕 六重唱「坊や、こうして抱かれたら」(マルチェリーナ/フィガロ/バルトロ/クルツィオ/伯爵/スザンナ) 11. 第3幕 六重唱「坊や、こうして抱かれたら」(マルチェリーナ/フィガロ/バルトロ/クルツィオ/伯爵/スザンナ)
第3幕 伯爵夫人のレチタティーヴォとアリア「スザンナは遅いのね」-「どこ行ったの、あの頃の喜びと嬉しさは」 12. 第3幕 伯爵夫人のレチタティーヴォとアリア「スザンナは遅いのね」-「どこ行ったの、あの頃の喜びと嬉しさは」
第3幕 手紙の二重唱「風に寄せる…やさしいそよ風が」(スザンナ/伯爵夫人) 13. 第3幕 手紙の二重唱「風に寄せる…やさしいそよ風が」(スザンナ/伯爵夫人)
第4幕 フィガロのレチタティーヴォとアリア「準備はできた」-「目をちょっと開け」 14. 第4幕 フィガロのレチタティーヴォとアリア「準備はできた」-「目をちょっと開け」
第4幕 スザンナのアリア「早くおいで、美しい喜びよ」 15. 第4幕 スザンナのアリア「早くおいで、美しい喜びよ」
第4幕 フィナーレ「ほんとに静かで良い晩だなあ」(フィガロ/スザンナ/伯爵/バジリオ/クルツィオ/バルトロ/アントニオ/全員) 16. 第4幕 フィナーレ「ほんとに静かで良い晩だなあ」(フィガロ/スザンナ/伯爵/バジリオ/クルツィオ/バルトロ/アントニオ/全員)
[PR]
by yoshisugimoto | 2017-03-08 07:28 | クラシック音楽CD | Comments(0)