ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

アンゲルブレシュトの「海」

b0109511_720528.jpg
ディスク・モンテーニュ原盤。昔から再発を繰り返している音源。小生、存在は知っていたが、入手したのは比較的最近。

この指揮者は、ドビュッシーのスペシャリストとされ、他の作曲家の曲も演奏したに違いないのだが、ドビュッシー・フォーレといったお国ものの録音しかない。特化型名匠?なのである。

この最晩年のライブ盤の演奏は、香気に満ちた素晴らしいものである。録音も良好で、冒頭からオケの椅子の軋みまで生々しく捉えられている。とは言えグランカッサは入っているがほどほどで、アンセルメ盤には敵わない。しかし、演奏まで含めた総合的内容では第一に選ぶ人もいることだろう。

全集に含まれている録音なので、この「海」の録音を単独で取り上げて論評されることは少ないようだ。その意味では隠れた名盤。

CD6
・交響詩『海』L.109 [24:13]
 録音時期:1962年1月23日
 録音場所:パリ、シャンゼリゼ劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

・『夜想曲』L.91 [23:50]
 フランス国立放送合唱団
 ジャンヌ・ブドリー・ゴダール(合唱指揮)

 録音時期:1963年12月17日
 録音場所:パリ、シャンゼリゼ劇場
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

 フランス国立放送管弦楽団
 デジレ=エミール・アンゲルブレシュト(指揮)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2017-03-07 07:32 | クラシック音楽CD | Comments(0)