ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

リー・モーガン・インディード

b0109511_78951.jpg
リー・モーガン18歳の時の初リーダーアルバム。これが18歳の少年!の音楽とはとても思えない。面構えも18にしては老成している。後の録音と比較しても少々粗削りかな、と感じる程度。ジャズは天才の音楽だが、モーガンは早熟度では比べるものがない。音楽としてのわくわく感でも後年のマルサリスなんかには差をつけている。

この録音ではホレス・シルヴァーのピアノ、フィリー・ジョー・ジョーンズのドラムス、と人選もいい。アルト・サックスのクラレンス・シャープはほとんで録音を残していないが、モーガンの友人ということだ。

しかし、これだけの才能をもってしても、大成・老成できなかった。1972年、クラブで演奏中に愛人に射殺される。享年33歳。往年のジャズマンの典型とも言える太く短い生涯だった。

個人的にモーガンは何を聴いてもハズレはないと思っている。マンネリと言ってしまえばそうだが、そのマンネリがいいのである。

リー・モーガン・インディード
1. ロッカス
2. レジー・オブ・チェスター
3. ザ・レディ
4. リトルT
5. ガザ・ストリップ
6. スタンド・バイ

Lee Morgan (tp)
Clarence Sharp (as)
Horace Silver (p)
Wilbur Ware (b)
"Philly" Joe Jones (ds)

1956/11/04 (Van Gelder Studio,New Jersey)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2017-02-24 07:26 | ジャズ | Comments(0)