ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

'Baby Face' Willette ‎– Face To Face

b0109511_7301894.jpg
ベイビー・フェイス・ウィレット(Baby Face Willette)ことロウズヴェルト・ウィレット(Roosevelt Willette, 1933 – 1971)は、アメリカ合衆国のジャズ・オルガン奏者。ブルー・ノートに録音を残している。ジミー・スミスの存在は大きく、ブルー・ノートもその後使ってくれず、あまり売れずに37歳で夭折している。

音楽はジミー・スミス同様に泥臭く、テクニックもある。しかし、この人ならでは特徴とか売りがないような感じで、売れなかったのはそのせいだろうか。ジャケットはいかにもブルーノートらしい。ジャケ買いである。


収録曲
A1Swingin’ At Sugar Ray’s
A2Goin’ Down
A3Whatever Lola Wants
B1Face To Face
B2Somethin’ Strange
B3High ‘N Low

Recorded At – Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, New Jersey
クレジット
Design [Cover Design] – Reid Miles
Drums – Ben Dixon
Guitar – Grant Green
Liner Notes – Robert Levin (2)
Organ – 'Baby Face' Willette
Photography By [Cover] – Francis Wolff
Recorded By – Rudy Van Gelder
Tenor Saxophone – Fred Jackson
ノート
Recorded on January 30, 1961.
[PR]
by yoshisugimoto | 2017-02-17 07:34 | ジャズ | Comments(0)