ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

デ・ヴィートのベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲

b0109511_0321816.jpg
デ・ヴィートのベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。デ・ヴィートはこの曲のスタジオ録音を残していないが、1954年ベルリンでの放送用録音が残っていたということである。

デ・ヴィートらしい高貴な演奏。この曲は名盤が目白押しだが、この一枚も引けは取らない!1954年にしては素晴らしい美音を聴くことができる。ヴァイオリン・ファン必携の一枚。あんまり話題にならなかったように思うが、単に当方が知らなかっただけか。何となく入手したのだが、入手できて良かった!最近入手したヴァイオリンの録音では断然ピカイチである。伴奏はオイゲン・ヨッフムの弟のゲオルク・ルートヴィヒ・ヨッフム率いるRIAS交響楽団。
b0109511_7423327.jpg
カップリングは1951年収録のブラームスのヴァイオリン・ソナタ第2番とヴィターリのシャコンヌ。こちらも音の状態は上々。

なお、中古で買ったのになぜか新品が届いた。こういうことはクラシックCDでは結構ある。

【収録内容】
[1] ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61 (i .25’37”+ii .10’44”+iii .9’40”= 46’01”)
[2] ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 Op.100 (i .8’07” +ii .7’15” +iii .5’31” = 20’53”)
[3] ヴィターリ:シャコンヌ ト短調(12’55”)

【演奏者】
ジョコンダ・デ・ヴィート(ヴァイオリン)
ゲオルク・ルートヴィヒ・ヨッフム(指揮) RIAS交響楽団 [1]
ミヒャエル・ラウハイゼン(ピアノ) [2,3]

【録音】
1954年10月3日 ベルリン音楽大学(ライヴ)
1951年10月7日 RIASフンクハウス、第7 スタジオ(セッション)
[PR]
by yoshisugimoto | 2017-01-18 00:47 | クラシック音楽CD | Comments(0)