ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ここに来てAV

b0109511_044317.jpg
Audio Visualという意味のAVというのは30年以上前の言葉である。ステレオセットにブラウン管テレビを加えるという意味だったと思う。ブラウン管だから30型いかない。29型くらいで大画面と言っていたと記憶する。

それに対して長岡さんはVAという概念を提唱した。3管プロジェクターの大画面とステレオセットと組み合わせるというもの。でないとVがAに釣り合わないというのだ。

さて時代は今。ハイエンドオーディオをやってる人はスクリーンの大画面を追加している人もいる。しかし、Vを入れると部屋は消灯する必要があるし、繰り返し見たいVなどそうそうあるものではない。

それよりもYoutubeだ。画質・音質ともほどほどだが、見てみたい映像はいくらでもある。細切れの短い動画主体なので、気軽に見れるし、DVDのような前置きとか、チャプターの選択はなく、ワンクリックで視聴が始まる。だがパソコンの貧弱な音では物足りない。できたら23~27型程度の画面とオーディオ装置を組み合わせたもので見たい。つまり、昔のAVがYoutubeの視聴に適しているわけである。Youtubeは大画面では粗が目立つ。

AVはアルバムアートと曲目を表示するにも好適だ。我が家ではパソコンの映像をそのまま、センターラックの液晶モニターに投影することを始めたが、思いのほかいい雰囲気である。何となく装置のグレードが上がったように錯覚する。

つまり、ここにきてAVというわけだ。当方Vに深入りしたいとは思わないが、Vは添え物としてついているのが楽しい。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2017-01-17 00:02 | オーディオ | Comments(0)