ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

CD1枚プラスアルファの曲

b0109511_10443467.jpg
ディスク・ファイル・オーディオは復活・ブル8・ベルレクといった、CD1枚プラスアルファの曲は1枚ものにまとめてしまえるので、鑑賞に便利。CDだとかけかえが必要で、その分心理的ハードルが高くなる。昔はLP4面で聴いていたわけだ。SP時代は何面だろうか・・・。
b0109511_1052621.jpg
トスカニーニのこのライブ盤はミサソレのキリエだけが1枚目、2枚目に残りが収録されているが、これでは鑑賞に不便だ。HDDプレーヤーならキリエだけを2枚目に移せば、問題解決である。

とはいえマタイ受難曲を1枚ものにまとめても、鑑賞が便利になるわけではない。これはオリジナルのCDの通り2枚もの、3枚ものでいいと思う。一気に聴き通すことは通常ない曲だ。しかしミサソレとかブル8は一気に聴きたい。音のドラマが連続しており、かけかえは感興を削がれる。

Jazzの2in1のCDは逆に分けたほうがいい。もともと2つのアルバムを合成ジャケットで聴くのは制作側の本意ではないはず。分割してオリジナルジャケット画像を添付するほうが断然ジャズ喫茶ふうの感じが出る。たとえばStretching OutはKansas City Revisitedと抱き合わせで出ており、どちらも名盤なので統一ジャケットではつまらない。

b0109511_12285042.jpgb0109511_12292050.jpgb0109511_1229380.jpg
[PR]
by yoshisugimoto | 2017-01-02 10:53 | クラシック音楽CD | Comments(0)