ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

シュルヘンのマラ5ライブ

b0109511_20233592.jpg
シェルヘンは史上最高の爆演指揮者である。シェルヘンの遺した録音に定番の名演など、ない。いずれも個性的な演奏ばかりだ。それが王道をいく正統派指揮者、たとえばセルなんかと多いに違うところである。しかし、個人的には希代の巨匠だと思う。どの音楽も生きているし、表現意欲にあふれている。それこそが芸術としての存在意義だと思う。

この録音は1964年にフィラデルフィア管に客演したときのもの。オーマンディのオケだが、オーマンディの音とはまるで違う。カットがあるので、物議をかもしてきた録音とのことだが、そこがシェルヘンである。50年前の録音としては、遠近感があり、Dレンジも存外に大きく、楽しめる好録音である。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2016-11-10 20:34 | クラシック音楽CD | Comments(0)