ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

Scene 映像音楽作品集 1992-2001 加古隆

b0109511_6494193.jpg
過日のオフ会で聴いた加古隆の音楽。ピアニスト兼作曲家で、ジャズもやる人らしい。パリでメシアンに師事していたとのこと。この人の全貌は未だよく知らないが、映像音楽作品集は叙情的で聴かせる。とくに、NHKスペシャル『映像の世紀』テーマ曲『パリは燃えているか』が印象深い。

レンタル落ちのアマゾンの1円CDだったので、即跳び付いたが、音源だけは快調に増えていく。この調子だとまた置き場がなくなるのは時間の問題だ(笑)

Scene 映像音楽作品集 1992-2001 加古隆

①大河の一滴-序章(映画『大河の一滴』より)
②大河の一滴(映画『大河の一滴』テーマ曲)
③黄昏のワルツ(NHK『にんげんドキュメント』テーマ曲)
④青の地平(NHK『ドキュメントにっぽん』テーマ曲)
⑤関係 心、描くもの(映画『式日』より)
⑥内界 心、止めるもの(映画『式日』より)
⑦パリは燃えているか―メインテーマ―(NHKスペシャル『映像の世紀』テーマ曲)
⑧最後の海戦(NHKスペシャル『映像の世紀』より)
⑨曠野のアリア(映画『月の虹』テーマ曲)
⑩追跡(映画『月の虹』より)
⑪ジブラルタルの風(カネボウ『デナリ』CF曲)
⑫未来の想い出 ストリングス・ヴァージョン(映画『未来の想い出』より)
⑬一つの予感(ホンダ『レジェンド』CF曲)
⑭風の旅びと(Bs-i『五木寛之・日本人のこころ』テーマ曲)
 加古隆(ピアノ)

 録音:1992年~2001年
[PR]
by yoshisugimoto | 2016-11-10 06:59 | クラシック音楽CD | Comments(0)