ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ジャンゴロジー ジャンゴ・ラインハルト

b0109511_233050100.jpg
ジャンゴ・ラインハルトとステファン・グラッペリの最後の共演を記録したコンピレーションアルバム。1949年録音。バックはイタリアのリズムセクション。ヴァイオリンに乗って、アコギが驚異のアドリブ演奏を繰り広げる。ウェス・モンゴメリーの登場する十年近く前なのだ。

基本、スイング時代の音楽に聴こえるが、ジプシーの哀愁もあり、アメリカにはない独特の格調を感じる。グッドマンのカーネギーホールコンサートとか、マイルス・デービスのカインド・オブ・ブルーは必聴アイテムだが、この『ジャンゴロジー』も負けず劣らずの必聴アイテム。生きてるうちに出会えてよかった、という音源である。

アマチュア録音なのだそうだが、そう悪いとも思わない。小口径フルレンジととくに相性が良さそうだ。

1. I Saw Stars
2. After You've Gone
3. Heavy Artillery (Artillerie Lourde)
4. Beyond The Sea (La Mer)
5. Minor Swing
6. Menilmontant
7. Brick Top
8. Swing Guitar
9. All The Things You Are
10. Daphne
11. (It's Only A) Paper Moon
12. "Improvisation on Tchaikovsky's ""Path?tique"" (Andante)"
13. The World Is Waiting For the Sunrise
14. Djangology
15. O? es-tu mon amour?
16. Marie
17. "I Surrender, Dear"
18. Hallelujah
19. Swing 42
20. I'll Never Be The Same
21. Honeysuckle Rose
22. "Lover Man (Oh, Where Can You Be?)"
23. I Got Rhythm

Django Reinhardt – guitar
Stéphane Grappelli – violin
Aurelio de Carolis – drums
Carlo Pecori – bass
Gianni Safred – piano
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2016-11-07 23:31 | ジャズ | Comments(0)