ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

マラ9の日本初演

b0109511_9494161.jpg
1967年4月16日、東京文化会館でのステレオ・ライヴ録音。これがマラ9の日本初演なのだそうだ。小生は小学校3年生。電蓄で運命を聴き始めたは数ヶ月後だったか。その当時はレコードのカタログを見てもマーラーはほとんど見当たらなかったと記憶する。ワルターのマラ9の伝説的ライブが戦前だったことを考えればずいぶん遅れている。

東京文化会館での収録だが、この音なら別段不満はない。演奏時間は60分台で、結構テンポは速め。とくにせかせかした感じもない。こういう淡白な演奏のほうがもたれない。

コンドラシンはソ連時代の巨匠指揮者で、録音も多い。最近注目している。結構なマーラー指揮者で、2番と8番以外は録音を遺している。全部の入手は荷が重いので、ばら売りが安く手に入るなら入手してみたい。

・マーラー:交響曲第9番
 モスクワ・フィル
 キリル・コンドラシン(指揮)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2016-11-06 09:53 | クラシック音楽CD | Comments(0)