ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

チコ・ハミルトン・クインテット・イン・ハイ・ファイ

b0109511_8303895.jpg
昔からの名盤。70年代のSJですでにゴールド・ディスクに選定されている。チコ・ハミルトン・クインテットは『真夏の夜のジャズ』にも出演していたが、チェロが参加したキワモノのグループである。しかし、サウンドは都会的でウォーム、ウエストコーストらしいジャズ。マルチリード奏者のバディ・コレットとチェロのフレッド・カッツ, ギターのジム・ホールの3人がサウンドをリードしている。小生、クラシックがメインだから、チェロは全く違和感がない!コレットとカッツは顔と名前が一致しないので、ウェブで写真をとってみた。この2人。どちらも早期にジャズの一線からはリタイヤしたようだ。

b0109511_8373620.jpgb0109511_837487.jpg














今回は80年代の3200円くらいしていた初期CDを安く入手したのだが、とくに鑑賞に支障はなく、十分である。CDは30年前でも腐らない(笑)サウンドマニアは最新リマスターを買われたらよろしい。

チコ・ハミルトン・クインテット・イン・ハイ・ファイ
1. Jonalah
2. Wind
3. Chrissie
4. Gone Lover
5. Ghost
6. Squimp
7. Sleep
8. Sleepy Slept Here
9. Taking a Chance on Love
10. Topsy

チコ・ハミルトン, バディ・コレット, フレッド・カッツ, ジム・ホール, カーソン・スミス
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2016-10-29 08:42 | ジャズ | Comments(0)