ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ウィントン・ケリー/ウィスパー・ノット

b0109511_15494371.jpg
この録音ではドラムスのフィリー・ジョー・ジョーンズが遅れてやってきたとかで、8曲のうち半分の4曲がドラムなし。人数そろわなくても始めるというのは、いいかげんとか、のんびりしているとも取れるが、案外いい録音が録れるのかもしれない(笑)

ドラムなしの4曲はギターがリズム楽器を兼ねる古いタイプのピアノトリオとなっている。ケリーはガーランドと違って、トリオよりはホーン入りのカルテット以上のほうが本領発揮するようで、トリオアルバムはむしろ少ない。このアルバムもギターのバレルの聴き所が十分多い。そのほうが結果的にケリーも聴きばえがする。

1958年なのにモノラル録音で、サウンド的にはイマイチ。しかし、メンバーは名手ぞろいで、アルバムとしては高水準である。

Track listing
"Whisper Not" (Benny Golson) - 7:12
"Action" - 7:12
"Dark Eyes" (Traditional) - 5:59
"Strong Man" (Oscar Brown, Jr.) - 5:17
"Ill Wind" (Harold Arlen, Ted Koehler) - 4:25
"Don't Explain" (Billie Holiday, Arthur Herzog Jr.) - 5:36
"You Can't Get Away" - 6:24
"Dark Eyes" [Take 2] (Traditional) - 5:19
Recorded in New York City on January 31, 1958
Personnel
Wynton Kelly - piano
Kenny Burrell - guitar
Paul Chambers - double bass
Philly Joe Jones - drums (1-3, 8)
[PR]
by yoshisugimoto | 2016-09-25 16:10 | ジャズ | Comments(0)