ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ハチャトリアン交響曲第3番

b0109511_726485.jpg
ハチャトリアン交響曲第3番は、バンダの15本!のトランペットにオルガンが加わったド派手な究極の交響曲。とにかく大音量なのがこの作曲家の作風なのだが、うるさい・騒がしいことにかけてはこの作品の右に出る曲はあるまい。単一楽章で20分ほどの曲なのだが、もはや狂気を感じる。しかし、立派に芸術だと思う。もともと祝典用だったらしいのだが、この感じは実際に聴かないとつかめないだろう。あらゆる意味でシベ7の対極にある。

この曲はコンドラシン盤(上)が決定盤とされるのだが、60年代の収録でジャケ通りの音(笑)したがって、チェクナヴォリアン(下)の新しい録音も持っていたい。
b0109511_727257.jpg
ちなみにこの曲の日本初演は吹奏楽編曲版なのだそうだ。高校生の吹奏楽コンクールの映像がある。


クラリネットやマリンバをうまく使った秀逸な編曲と思う。さわりの部分をうまく6分ほどに収めている。コンクールでは「シンフォニー・ポエム」で通っているようだが、吹奏楽版から入門したほうがいいのではないか。原曲はおどろおどろし過ぎるとも言える。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2016-09-25 07:31 | クラシック音楽CD | Comments(0)