ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ジプシー男爵 クラウス

b0109511_853559.jpg
ジプシー男爵は一度学生オケで実演を観たことがある。ドイツ語ではツィゴイネルバロン。ツィゴイネルワイゼンはジプシーの旋律の意味で、「ツィゴイネル」はジプシーの意味だ。ラヴェルのツィガーヌも同じ意味。

さてジプシー男爵は全曲盤も買ったが、ハイライト盤が鑑賞に便利だ。ハイライト盤も手元に2つあるが、クラウス盤がいい。録音も典型的なデッカサウンドで、モノラルだが格調高い。クラウスはウィーン、ベルリン、ミュンヘンとドイツ圏の三大歌劇場の総監督をすべて歴任した大指揮者。残っている録音は少ないが、両シュトラウスは充実している。クラウスの録音は大体似たような感じで、ウィーンフィルのビンテージ・サウンドである。こちらはLPで2枚組。
b0109511_12372113.jpg
LP再生にはまってる人には堪えられない音源と思う。しかし、個人的にはCD1枚のハイライト盤で十分。中古で500円ほどで入手。

ところで宝塚歌劇の演目にもなったようであるが、ストーリーはタカラヅカにはぴったりのハッピーエンド。うちの次女がコアなヅカフアンで、ちょっと訊けばいろいろ薀蓄が返って来るが、なんと言うだろうか。こちらも観てみたい気はある。
b0109511_658776.jpg

[PR]
by yoshisugimoto | 2016-05-17 06:58 | クラシック音楽CD | Comments(0)