ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

カルヴェ四重奏団のラズモフスキー

b0109511_1383290.jpg
1919年、ジョゼフ・カルヴェ(ヴァイオリン)を中心にポール・マス(チェロ)とパリ音楽院の学友で結成。1920年代後半に、ダニエル・グィルヴィッチ(ヴァイオリン)とレオン・パスカル(ヴィオラ)が参加し、1930年代に第2期の黄金時代を築いた。第二次大戦後の1946年、カルヴェは新メンバー(ジャン・シャンペイユ、モーリス・ウッソン、マニュエル・ルカサン)で第3期を再編成。現代フランス音楽に精力的に取りみ、名演を残したが1949年に解散。(以上タワーレコードのサイトより)

またまたテレフンケン・レガシー。1938年録音盤。カペー四重奏団の復刻のように古色蒼然とした感じはなく、音色が絶妙な美しさである。弦楽四重奏のSP復刻としてはこれ以上のものは考えにくい。

テレフンケン・レガシーではシューベルトの作品を含めて3枚出ているが、いずれも同じクオリティだと思われる。
b0109511_181528.jpg
b0109511_182622.jpg
きりがないのでもう深追いはやめておく。テレフンケン・レガシーの収集もこのあたりで打ち止めにしよう。すでに合計8枚も買ってしまった。

01.弦楽四重奏曲 第5番 イ長調 作品18の5 第1楽章:Allegro
02.弦楽四重奏曲 第5番 イ長調 作品18の5 第2楽章:Menuetto&Trio
03.弦楽四重奏曲 第5番 イ長調 作品18の5 第3楽章:Andante cantabile
04.弦楽四重奏曲 第5番 イ長調 作品18の5 第4楽章:Allegro
05.弦楽四重奏曲 第8番 ホ短調 作品59の2「ラズモフスキー第2番」第1楽章:Allegro
06.弦楽四重奏曲 第8番 ホ短調 作品59の2「ラズモフスキー第2番」第2楽章:Molto adagio
07.弦楽四重奏曲 第8番 ホ短調 作品59の2「ラズモフスキー第2番」第3楽章:Allegretto
08.弦楽四重奏曲 第8番 ホ短調 作品59の2「ラズモフスキー第2番」第4楽章:Finale(Presto)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2016-05-02 13:07 | クラシック音楽CD | Comments(0)