ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

Stan Getz ‎– At Storyville - Vol 1 & 2

b0109511_636395.jpg
1951年のライブ。クールジャズで白熱するとこんな感じ、という演奏。録音はモノラル音源でオフ、これをクラシック向きの3ウェイで聴いてもいいのだが、イマイチ合わない感じがする。やはり120パーセント再生型の長岡スピーカーが合うと思う。事実、フルレンジで聴くとグッと迫ってくる。程よい分割振動が明らかにいい方向に作用していると思えるのである。

しかし、この時代のジャズはいい。ビバップ真っ只中、こんな洗練されたジャズもあったわけだ。

Stan Getz ‎– At Storyville - Vol 1 & 2
1Thou Swell4:24
2The Song Is You7:11
3Mosquito Knees5:21
4Pennies From Heaven5:07
5Move6:02
6Parker 516:06
7Hershey Bar3:33
8Rubberneck4:25
9Signal5:51
10Everything Happens To Me3:21
11Jumping With Symphony Sid7:25
12Yesterdays2:58
13Budo5:11

Bass – Teddy Kotick
Drums – Tiny Kahn
Guitar – Jimmy Raney
Piano – Al Haig
Tenor Saxophone – Stan Getz
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2016-04-24 06:44 | ジャズ | Comments(0)