ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

バラード・オブ・ジョン・コルトレーン ジョン・コルトレーン

b0109511_6525737.jpg
b0109511_6531941.jpg
61年~65年のインパルス録音からの編集盤だが、アルバム「バラード」とのダブりはないとのことである。このころのコルトレーンのコンボはベースにレジー・ワークマンとかドラムスにロイ・ヘインズが入ったものもある。とくにロイ・ヘインズはエルヴィン・ジョーンズは麻薬療養中に交代したことがあった。3「グルーンスリーヴス」はシングル・テイクでマスターの紛失ため日本で盤起こししたもので音質は良くない。

そういった録音を集めた日本の独自編集盤で、「バラード」のパート2という感じ。やっぱりコルトレーンはうるさい曲は敬遠されるのだろう。うるさい曲はハイな時にしか聴かない。バラードはくつろいで聴けるので人気があるわけだ。「バラード」から漏れたバラード集というコンセプトなら大歓迎である。

レンタル落ちを格安で入手。

バラード・オブ・ジョン・コルトレーン
ジョン・コルトレーン

01 アフター・ザ・レイン
02 ディア・オールド・ストックホルム
03 グリーンスリーヴス
04 ネイチャー・ボーイ
05 ディア・ロード
06 ウェルカム
07 アイ・ウォント・トゥ・トーク・アバウト・ユー

ジョン・コルトレーン(ts,ss)マッコイ・タイナー(p)ジミー・ギャリソン,レジー・ワークマン(b)ロイ・ヘインズ,エルヴィン・ジョーンズ(ds)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2016-02-25 06:53 | ジャズ | Comments(0)