ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

フリッチャイの英雄ライブ

b0109511_6274824.jpg
最大の聴き所は「英雄」。1961年2月5日、SFB Sendesaalでのライヴ録音。GREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTURYシリーズ輸入盤に同日演奏の「レオノーレ第3番」とともに収録されている。

全体でなんと56分もかかっている。ブルックナーやマーラーの交響曲なみ。おそらくこの曲のもっとも遅い演奏と言えるのではなかろうか。といって全く弛緩を感じさせない。堂々たる名演である。同日演奏の「レオノーレ第3番」は反対にまた快速。晩年のフリッチャイを代表する名盤と言って良いだろう。

なお、この2枚組のその他の収録曲は、デュカス「魔法使いの弟子」、コダーイ「ガランタ舞曲」(VPO,Salzburg)、ショスタコーヴィチ交響曲第9番、ヒンデミット「ヴェーバーの主題による交響的変容」、ヨハン・シュトラウス「芸術家の生涯」、モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」序曲。いずれもDGではなく、RIASもしくはSFBの放送用録音である。

オーケストラ: Berlin Radio Symphony Orchestra, Berlin RIAS Symphony Orchestra
指揮: Ferenc Fricsay
作曲: Dmitry Shostakovich, Johann II Strauss, Ludwig van Beethoven, Paul Dukas, Paul Hindemith他
曲目リスト
ディスク:1
1. L'Apprenti Sorcier (Scherzo Symphonique) - Dukas
2. Dances Of Galanta - Kodaly
3. Symphony No 9 In E Flat Major Op 70 - Shostakovich
4. Symphonic Metamorphosis Of Themes By Carl Maria Von Weber - Hindemith
5. Kunsterleben Op 316 - Strauss

ディスク:2
1. Overture (Leonore No 3 Op 72a) - Beethoven
2. Symphony No 3 In E Flat Major Op 55 (Eroica) - Beethoven
3. Overture (Cosi Fan Tutte K588) - Mozart
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2016-02-22 06:34 | クラシック音楽CD | Comments(0)