ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ホレス・シルヴァー / THE STYLINGS OF SILVER

b0109511_7102737.jpg
カラー写真のジャケなのだが、これが1500番台なのである。国連前で撮った写真とのこと。BLP1562、1957年録音。小生の生まれる前である。アマゾンでレンタル落ち格安をゲット。それにしてはステレオ録音で、リマスターで低音分厚く、うまく入っている。CD初期盤に比べるとさすがにいい音という感じだ。レンタル落ちはプレスが新しい(10年前くらい)なのでお買い得なのである。

1957年と言えば、シルヴァーはブレーキーと決別したころで、ファーマー、モブレーと組んだ録音である。ドラムスのルイス・ヘイズは現在でもまだ存命で、当時20歳!ということになる。ブルーノートはトリオ録音というのがほとんどない。たいてい2管や3管でがっちりアルバムをつくるが、これも例外ではない。ブルーノートらしい録音。

シルヴァーのオリジナルばかりだが、最終曲のマイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴは有名なスタンダート。ピーターソンのWe Get Requestsにも入っている名曲である。

ホレス・シルヴァー / THE STYLINGS OF SILVER
トラックリスト
01ノー・スモーキン
02ザ・バック・ビート
03ソウルヴィル
04ホーム・クッキン
05メタモルフォシス
06マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
演奏
ホレス・シルヴァー(P) アート・ファーマー(TP) ハンク・モブレー(TS) テディ・コティック(B) ルイス・ヘイズ(DS)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2016-02-21 07:07 | ジャズ | Comments(0)