ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

レスター・ヤング キーノート・セッション

b0109511_22311226.jpg
レスター・ヤング絶頂期の記録。某所で聴いて、感心したので遅ればせながら入手。既に廃盤だが、ようやくヤフオクで安い出物を見つけた。ただ、再発CDはつまらない写真のものに変わっており、これはLPのオリジナルジャケットにして欲しかった。
b0109511_22553663.jpg
戦中の録音だが、驚くほど音もいい。もちろん演奏も凄い。出だしのスラム・スチュワートのハミングからしてゴキゲンである。当時は日本と文化レベルが違い過ぎるとしかいいようがない。

しかし、このあとレスター・ヤングは軍隊にとられ、かなり精神的に痛めつけられてしまう。軍隊から戻っても、パーカーらのビバップが勃興するなかで、自分の居場所を失くしてゆく。

the complete LESTER YOUNG
QUARTET KANSAS CITY SEVEN featuring COUNT BASIE

01. JUST YOU, JUST ME (HL 1 - 1) 3:04
  (Jesse Greer / Raymond Klages)
02. JUST YOU, JUST ME (HL 1 - 2) 3:09
03. I NEVER KNEW (HL 2 - 2 ) 3:05
  (Ted Fio Rito / Gus Kahn)
04. I NEVER KNEW (HL 2 - 2) 3:08
05. AFTERNOON OF A BASIE - ITE (HL 3 - 1) 3:07
  (Lester Young)
06. AFTERNOON OF A BASIE - ITE (HL 3 - 2) 3:08
07. SOMETIMES I'M HAPPY (HL 4 - 1)* 3:41
  (Vincent Youmans / Irving Caesar)
08. SOMETIMES I'M HAPPY (HL 4 - 2) 3:05
09. AFTER THEATRE JUMP (HL 21 - 1)* 4:47
  (Dickie Wells)
10. AFTER THEATRE JUMP (HL 22 - 2) 4:42
11. SIX CATS AND A PRINCE (HL 22 - 1)* 5:15
  (Buck Clayton)
12. SIX CATS AND A PRINCE (HL 22 - 2) 4:08
13. SIX CATS AND A PRINCE (HL 22 - 3) 4:08
14. LESTER LEAPES AGAIN (HL 23 - 1) 4:24
  (Buck Clayton)
15. DESTINATION K.C. (HL 24 - 1) 3:51
  (Buck Clayton)
16. DESTINATION K.C. (HL 24 - 2) 3:51

* Previously Unissued Master / Alternate Take

01.~08. LESTER YOUNG QUARTET :
Lester Young (ts)
Johnny Guarnieri (p)
Slam Stewart (b)
Sid Catlett (ds)
New York, December 28, 1943

09.~16. KANSAS CITY SEVEN :
Buck Clayton (tp)
Dicky Wells (tb)
Lester Young (ts)
Count Basie (p)
Freddie Green (g)
Rodney Richardson (b)
Jo Jones (ds)
14. omit tp & tb
New York, March 22, 1944
[PR]
by yoshisugimoto | 2016-01-24 22:43 | Comments(0)