ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

What Is There to Say ジェリー・マリガン

b0109511_86171.jpg
ジェリー・マリガンとチェット・ベーカーのピアノレス・カルテットは有名だが、こちらはアート・ファーマーとのピアノレス・カルテット。ピアノレス・カルテット独特の音色。顔ぶれからして、後年のナイト・ライツとの共通点も多い。ナイト・ライツのファンなら買って間違いなし。なじみのあるFestive Minorも収録されているし、My Funny Valentineといった名曲も入っている。

たまたま買ったのだが(例によって安かった)、根強いファンが多い名盤のようだ。私はこの盤の存在自体を知らなかったのだが、マリガンの最高傑作だという人もいる。そのせいか、最近国内盤でも再発されている。ニューポート・ジャズ祭の記録映画「真夏の夜のジャズ」直後の録音なのだそうだ。案外タイトルの覚えにくさで損をしている録音ではないか。


What Is There to Say
ジェリー・マリガン
曲目リスト
1. What Is There To Say
2. Just In Time
3. News From Blueport
4. Festive Minor
5. As Catch Can
6. My Funny Valentine
7. Blueport
8. Utter Chaos
Gerry Mulligan(bs), Art Farmer(tp), Bill Crow(b), Dave Bailey(ds)
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2015-12-29 08:13 | ジャズ | Comments(0)