ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

Piano Starts Here アート・テイタム

b0109511_2093787.jpg
アート・テイタム(Art Tatum、1909年10月13日-1956年11月5日)は、アメリカ合衆国のジャズ・ピアニスト。視覚障害者でありながら超絶技巧を誇り、様々なジャンルのピアニストに影響を与えた。

オハイオ州トレド出身。先天的な白内障のため、片目は全盲で、もう片方もわずかな視力しかなかった。幼い頃から様々な楽器を習い、1920年代後半にはプロのピアニストとして活動を開始する。1929年にはラジオ局のハウス・ピアニストとなり、徐々にその名を浸透させていった。

キャリア初期はピアノ独奏が中心だったが、1940年代にはピアノ、ギター、ベースという編成での演奏も多くなる。晩年はベースとドラムを従えた編成でも活動。1956年8月には、ハリウッド・ボウルで1万6千人以上の観客の前で演奏し、9月にはサックス奏者のベン・ウェブスターと共演。同年11月5日、尿毒症のためロサンゼルスで死亡。

テイタムのテクニックは、ジャズ・ピアノの可能性を著しく広げ、多くのミュージシャンに尊敬された。テイタムと同世代のファッツ・ウォーラーは、テイタムを「神」と呼び、カウント・ベイシーは「世界の8番目の不思議」と賞賛した。ヴァイオリン奏者のステファン・グラッペリは、テイタムの初期のレコードを聴いて、「2人のピアニストの連弾だと思った」と発言。テイタムからの影響をしばしば公言しているオスカー・ピーターソンは、幼い頃に初めてテイタムのレコードを聴いた時、ショックのあまりピアノに近寄れなくなったという。

クラシック音楽の音楽家からの評価も高く、ウラディミール・ホロヴィッツは「クラシックの世界でも巨匠となっていただろう」と絶賛。ホロヴィッツに誘われてテイタムの出演するクラブに来た指揮者のアルトゥーロ・トスカニーニも、テイタムの演奏に驚いたという。他にヴァルター・ギーゼキング等もテイタムの演奏を聴きにクラブを訪れた。(以上Wikipedia)

アート・テイタムのピアノソロ・アンソロジー。1933年の演奏と、後期にあたる1949年の演奏の2つにわかれている。録音は年代を考えると十分良好で、不満は感じない。超絶技巧が延々続く。これを聴くとオスカー・ピーターソンがテータムの直系というのがよくわかる。ピーターソンが弾き過ぎる傾向はテータムから来ているのだ。アマゾンの1円CD。

なおジャケットはイラストだが、本人はこんな感じ。写真を見る限り年齢不詳だが、実は47歳で早世している。
b0109511_20251931.jpg
Piano Starts Here
アート・テイタム
曲目リスト
1. Tea For Two
2. St. Louis Blues
3. Tiger Rag
4. Sophisticated Lady
5. How High The Moon
6. Humoresque
7. Someone To Watch Over Me
8. Yesterdays
9. I Know That You Know
10. Willow Weep For Me
11. Tatum Pole Boogie
12. The Kerry Dance
13. The Man I Love
[PR]
Commented by 山本山 at 2015-12-25 00:28 x
この方の装飾音を聴くとすぐポピュラー系のカーメンキャバレロを連想してしまいます。超絶的なUpテンポも有りですがレッドガーランドのモノトーンを聴くとホッとしてしまいます。日本人にはヤハリ間が大事?(笑)
Commented by yoshisugimoto at 2015-12-25 06:56
ベーシーなんかも間が多いですが、楽しいですしね。おっしゃるように間は大切ですが、哀愁も大切。テータムはどちらかというと陽性の音楽と思います。ガーランドはバランスがいいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2015-12-24 20:25 | Comments(2)