ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

ヒンデミット:ヴァイオリン協奏曲 五嶋みどり

b0109511_8561547.jpg
五嶋みどりは長らく新録音を出していなかったが、久々に出た新録はグラミー賞受賞となった。遅ればせながら中古で入手。私は古い録音ばかり聴いているので、CDフォーマットとは言え、レンズで見るように細部まで入った最新録音の威力には驚かされた。最新録音といっても2011~2012年といささか古いのだが。しかし、毎度これだけの情報量と向き合うのもしんどいように思われる。

五嶋みどりは2. ヴァイオリン協奏曲 (1939)だけの参加であり、むしろエッシェンバッハ&北ドイツ放送交響楽団のCDと言えるかもしれない。ともあれ、ヒンデミットのヴァイオリン協奏曲はエヴェレストのフックス盤、デッカのオイストラフ盤に加えて3枚目となった。

なお、五嶋みどりは30年近く前に実演を聴いたことがある。昔は少女だったが、いまはオバサンになっている。当然と言えば当然だが、そのぶん筆者も歳を取ったということだろう。
b0109511_953846.jpg

ヒンデミット:
1. ウェーバーの主題による交響的変容 (1943)
2. ヴァイオリン協奏曲 (1939)
3. 弦楽と金管のための協奏音楽 Op.50 (1930)

 五嶋みどり(ヴァイオリン:2)
 北ドイツ放送交響楽団
 クリストフ・エッシェンバッハ(指揮)

 録音時期:2012年10月24,26日(1,2)、2011年12月23日(3)
 録音場所:ハンブルク、ライスハレ
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
[PR]
by yoshisugimoto | 2015-07-21 08:58 | クラシック音楽CD | Comments(0)