ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

アドルフ・アダン


以前はオーディオ・チェック・レコードといえばカンターテ・ドミノ、カンターテ・ドミノと言えば、8曲目のO Holy Night (『おお聖夜』)と相場が決まっていた。昔はテクニクスのショールームでもよくかかった。作曲者は、アドルフ・アダンという人物でバレー音楽「ジゼル」の作曲家でもある。
b0109511_1144928.jpg
ジゼルは音楽ファン向けというよりバレーファン向けで、DVDがたくさん出ている。音楽ファンにはあまり注目される作品ではない。かくいう私も50も半ばになって、ようやく聴くようになった。深い音楽ではないが、通俗的で聴きやすい。マルティノン盤はビュッセル版という短縮版だが、音楽として楽しむのであれば、不足はない。
b0109511_11372629.jpg
なお、ジゼルのワルツは、筆者が若い頃、NHK-FMのクラシック番組のオープニングテーマ曲だったことがあり、懐かしい。


[PR]
by yoshisugimoto | 2015-06-23 11:40 | クラシック音楽CD | Comments(0)