ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

オーディオ風土記

b0109511_1922108.jpgb0109511_19213994.jpg













『オーディオ風土記』なる本は実は2冊ある。2014年の田中伊佐資著(左)と1977年の山崎謙著(右)である。昨年刊の田中伊佐資著はかなり好評のようである。右の山崎謙著は絶版となって久しく、入手困難だが、大阪府立図書館にあったので、借りてみた。

山崎謙と言えば、その昔のオーディオ研究家で、フルレンジの上と下だけを足して、200Hz~5000Hzにクロスオーバーを持たないスピーカーを飽きもせず提唱していた。フルレンジの高音は分割振動の音でぱっとしないし、トランジェントが悪いので、LPのスクラッチノイズとかテープヒスの音がうるさくなる。フルレンジの下にウーファーで音を足しても、超低音まで伸ばせないし、音もかぶる。加えてこの人のメインスピーカーはバッフルが大きく、今となってはあまり見るべきものがない。

さて、本は単に日本全国のオーディオマニアではなく、普通の音楽ファンを訪問するだけの内容だった。こんなどうでもいい日記もどきの話はとても読む気にならない。即返却である。よく単行本になったものだと思う。

温故知新でなにか面白いことが書かれていないか期待したのだが、期待はずれだった。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2015-05-20 19:46 | オーディオ | Comments(0)