ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

井上卓也著作集 (SS選書)

b0109511_19252425.jpg
先月に出たステサン誌のムック。今回も大阪市立図書館で借りてきた。借りたのは私が一番乗りである。表紙は今はないボザークのB310-Aだ。井上氏は自分のリスニングルームや使っている機器を公表しない評論家だったが、40年前はそうではなかったようで、1976年時点での自宅リスニングルームの写真が掲載されていた。
b0109511_19301069.jpg
アップライトピアノの両側に巨大スピーカーボックスが鎮座する。ボザークは昔々、店頭で聴いたことがある。オールコーンなので、透けて見えるような音ではなく、若干ヴェールを被った感じだったが、それはそれで味わいもあった。しかし、その巨大なバッフルに加えておよそステージ感とは無縁の面配置。時代を感じるが、割り切ればこれで良かったのかもしれない。今となってはバッフルの大きなスピーカーは流行らない。
b0109511_19444817.jpg
同じく掲載されていた井上氏の写真。たいへん耳のいい方で、機器の違いを即座に聴き分けたということである。

なお、本ムックは個人的に読みどころは少なかった。使いこなしテクニックも今となっては古い。私は借りて読めば十分である。
[PR]
Commented by Sugimoto at 2015-05-06 09:05 x
以前、貴殿宅にお伺いした、B&W802使いの杉本です。
ステサンの評論家諸氏の高齢化・訃報が酷いですね、菅野さんなど如何しておられるか?
Commented by yoshisugimoto at 2015-05-06 12:21
おお、杉本さん、お久しぶり。拙宅もだいぶ装置が変わりました。またお越しくださいませ~。
Commented by 杉本  at 2015-05-20 01:08 x
どうもです。拙宅の装置は相変わらずですが、ちょこちょこ
手を入れて、性能維持に努めております。
先週も耳のリフレッシュを兼ねて、こうべ祭りのストリート
JAZZフェスティバルに行って来ました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2015-04-24 19:44 | オーディオ | Comments(3)