ブログトップ

録音を聴く

クラシック音楽とジャズとオーディオのブログ


by yoshisugimoto
プロフィールを見る

「可」の商品

b0109511_965891.jpg
アマゾンでCDの中古漁りをしているとたまにこういう「可」の商品に出くわす。CDの盤面がキズが多いと書かれているので、ビビッてしまうが、たいてい大丈夫である。日本の業者が敢えてそれでも売りに出すというのはちゃんと再生できるという確信があってのことだからだ。

もちろん、「CDの盤面がキズが多い」という商品を生理的に受け付けられないという人もいるだろう。そういう人はやめておくべきだ。しかし、図書館で借りてきたCDこそキズだらけなのだ。売り物の商品のほうがよほど状態がよいのが実情である。

なお、米国アマゾンの「Acceptable」と日本アマゾンの「可」を比較したら、圧倒的に日本のほうが状態がいいと思う。日本の「可」は米国の「Good」に相当すると感じている。

追記
このCDは実際に購入したが、研磨したためか、キズひとつ見当たらなかった。日本の業者さんは極めて良心的である。「可」でも躊躇なく買うべし。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yoshisugimoto | 2015-02-01 09:14 | クラシック音楽CD | Comments(0)